宮澤エマ、三谷幸喜脚本の大河ドラマ出演は「本当に楽しみで、本当に怖いです」<鎌倉殿の13人 新出演者コメント>

2020/11/18 15:16 配信

ドラマ

宮澤エマが大河ドラマ初出演!

宮澤エマが大河ドラマ初出演!

宮澤エマが2022年放送開始予定の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(NHK総合ほか)に阿波局役で出演することが発表され、コメントを寄せた。小栗旬主演、三谷幸喜が脚本を務める同作は、源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男・北条義時(小栗)と、そんな彼を中心に鎌倉幕府将軍“鎌倉殿”を支えた13人の家臣団の姿を描く。

宮澤が演じる阿波局は、小栗演じる義時の妹。阿波局の印象を宮澤は「伊豆の素朴な武家の娘として生まれ育った娘が、鎌倉幕府の政局を揺るがすほどの影響力のある『阿波局』になるには、混沌とした勢力争いの中を生き抜いていく北条家ならではのたくましさがあるのかな、と想像しています。三谷さんには『阿波局の人生を思い切り明るく演じてほしい』と、言われました。長い時間をかけて1人の人物を演じさせて頂ける喜びを胸に明るく、たくましく生きる阿波局を『歴史上の人物』を超えて愛される様、精一杯演じたいと思っています」と語った。

鎌倉殿の13人」が大河ドラマ初出演となる宮澤。大河ドラマ出演への思いを「今回が初めての大河ドラマ出演となります。私が子どものころ、毎週日曜日に祖父母の家に行くと7時のニュース、「ダーウィンが来た」(毎週日曜夜7:30-8:00、NHK総合)そして大河ドラマという流れの中でよく食卓を囲んでいました。今回大河ドラマに出演させていただけることを1番喜んでくれているのは亡き祖父母ではないかと思います」と喜びのコメントを寄せた。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」
2022放送開始予定
NHK総合ほか

公式Twitter:@nhk_kamakura13