閉じる

天地人

『大河ドラマ』のシリーズ一覧を見る

ドラマ

2009年1月4日-2009年11月22日/NHK総合

永禄7年、越後国上田庄にある坂戸城の城主・長尾政景が、上杉輝虎の参謀と溺死した。家臣たちは輝虎の暗殺かと戦の準備を始めるが、輝虎本人が現れて政景の遺族と対面し、疑いは晴れる。輝虎は、そこで出会った喜平次を見初め養子とし、禅寺・雲洞庵で修行を始めさせる。一方、与六は、喜平次の家臣となるため親元から離され雲洞庵へ預けられる。

  • あらすじ

  • キャスト・キャラクター

  • ニュース

天地人のあらすじ

第47話 天地人「愛を掲げよ」
2009年11月22日 NHK総合

大坂の陣が終わり、兼続(妻夫木聡)は米沢へ戻る。兼続が行った治水工事の効果で米の収穫が増え、町や村には活気がみなぎっていた。しかし、将来を期待されていた兼続の嫡男・景明(太賀)が病に倒れてしまう。景明は志半ばの悔しさをにじませ、静かに息を引き取る。娘二人と息子までも失ったお船(常盤貴子)の悲しみはとりわけ深く、運命の無慈悲を嘆く。そんな折、兼続と政宗(松田龍平)は家康(松方弘樹)に呼ばれ駿府城へ向かう。家康は徳川に不服従な二人を息子・秀忠(中川晃教)の指南役に指名し、程なく波乱の生涯を終える。それから2年後、兼続は私財を投じて米沢藩最初の学問所・禅林文庫を造ると、惜しまれつつ政から身を引く。兼続はお船と連れ立って、二人をはぐくんだ思い出の地・越後へ旅立つ。

詳細を見る
第46話 天地人「大坂城炎上」
2009年11月15日 NHK総合

家康(松方弘樹)による大坂城攻めが必至の情勢となる中、政宗(松田龍平)が景勝(北村一輝)の元を訪ねてきた。戦を避けるよう、上杉から家康をいさめてもらいたいという秀忠(中川晃教)からの頼みを伝えに来たのだ。兼続(妻夫木聡)は家康の元へ向かい、家康がかつて秀吉に忠誠を誓ったことを指摘するが、家康は昔の約束を守る気はないと言い切る。程なく家康は、諸大名に出陣の触れを出す。一方の豊臣方も真田幸村(城田優)らを大坂城に呼び寄せ、戦闘態勢を整える。慶長19年11月、「大坂冬の陣」が始まる。ただ、開戦から10日ほどで互いに手詰まりとなり、城の外堀を埋めることで和議が成立。だが、しばらくすると家康が城内からの撤兵か城の明け渡しを要求し、秀頼(中村倫也)らを激怒させる。

詳細を見る
第45話 天地人「大坂の陣へ」
2009年11月8日 NHK総合

慶長10年春、家康(松方弘樹)は将軍職を息子・秀忠(中川晃教)に譲り、自身は大御所として背後で権力を握った。各地の大名は秀忠の将軍就任を祝い、はせ参じる。豊臣家の様子が気になる兼続(妻夫木聡)は秀忠との面会に先立ち、大坂城へ。すると、秀頼(吉岡澪皇)の脇に8歳になる千姫(田辺桃子)がおり、秀頼の妻として家康が孫娘を送り込んできたと分かる。兼続には二人は仲むつまじそうに思えたが、秀頼の母・淀(深田恭子)はどこか寂しそうに見えた。その後、淀は秀忠に豊臣からの祝賀の使者を出さなかった。高台院(富司純子)は徳川との関係を懸念し、意地を張らぬよう淀を諭すが、淀は聞き入れない。そんな中、関ヶ原の戦で豊臣方として戦った毛利輝元(中尾彬)が兼続の元を訪ねてくる。

詳細を見る
第44話 天地人「哀しみの花嫁」
2009年11月1日 NHK総合

家康(松方弘樹)の側近・本多正信(松山政路)の二男・政重(黄川田将也)が兼続(妻夫木聡)の娘・お松(逢沢りな)に婿入りし、名を勝吉と改める。しかし、婚儀の後の宴席で、泉沢(東幹久)に酒を勧められた勝吉はそれを固辞。勝吉が毒が盛られていないか警戒していると察した兼続は、その酒をお松に飲ませ、懸念を解く。ただ、その後も勝吉は心を開こうとせず、お松はつらい日々を送る。そのころ家康は、息子・秀忠(中川晃教)に将軍職を譲る腹を固める。勝吉は、家康の真意を説明した上で兼続に上杉の対応を問うが、兼続は返答を避ける。その後、勝吉は上杉の動向を探るように、兼続に付きまとう。その年、米沢では病が流行。病に掛かった兼続の二女・お梅とお松が亡くなってしまう。

詳細を見る
第43話 天地人「実頼追放」
2009年10月25日 NHK総合

家康の側近・本多正信(松山政路)の二男・政重と、兼続の長女・お松(逢沢りな)との婚儀が近づく。段取りを整えるため、兼続(妻夫木聡)は弟・実頼(小泉孝太郎)を京にやるが、一向に連絡をよこさない。心配になった兼続は泉沢(東幹久)に様子を見にいかせる。泉沢が訪ねると、かねて婚儀に反対だった実頼は何の準備もしていないことが判明。泉沢は早速、正信へあいさつに行く。ところが、その席で実頼は婚儀の白紙を切り出してしまう。実頼の不始末を知った兼続は慌てて家康(松方弘樹)の元へ。代理で現れた家康の腹心・榊原康政(川野太郎)に非礼をわびる。だが、榊原の態度は強硬で、実頼の首を差し出せと迫る。弟の首を取るのも忍びない兼続は、あらためて正信邸を訪ね、許しを請う。

詳細を見る
第42話 天地人「将軍誕生」
2009年10月18日 NHK総合

菊姫(比嘉愛未)は景勝(北村一輝)との間に子ができないため、景勝に側室を置くよう勧める。養子を迎える方法もあると、応じようとしない景勝に、仙桃院(高島礼子)は養子では家中をまとめるのが難しいと説得する。それでも景勝はしばらく猶予をもらいたいと、結論を先に延ばす。ある日、兼続(妻夫木聡)が領内の治水工事の指揮を執っていると、嫡男・竹松(加藤清史郎)の具合が悪いとの知らせが飛び込んでくる。竹松は高熱にうなされながら、しきりに母・お船(常盤貴子)の名を呼ぶ。伝え聞いた菊姫は、お船に直ちに米沢へ戻るよう命じる。病床の竹松に接したお船は思いのほか容体の悪いことにがくぜんとし、たまらず手を握り締める。そんな中、家康(松方弘樹)が征夷大将軍に就いたという知らせが入る。

詳細を見る
第41話 天地人「上杉の生きる道」
2009年10月11日 NHK総合

米沢城に入った兼続(妻夫木聡)は、一室に謙信の遺骨があるのに気付く。家臣の結束を図るため、景勝(北村一輝)が春日山から運ばせたものだった。遺骨を前に、兼続はこれからが真の勝負所と決意を新たにする。上杉の石高が激減したため、兼続らは住まいや食べ物の確保に苦労する。同時に、兼続は家臣たちの気持ちをどのように落ち着かせるかに心を砕いていた。すると、惣右衛門(高嶋政伸)は兼続に、心が前を向くよう、希望を持たせることが大事と助言。そこで、兼続は農地開拓と治水工事を兼ねた石堤を築くことを思い付く。そんな中、家康(松方弘樹)の側近・本多正信(松山政路)の二男・政重を、直江家の婿に迎える話が正式に決まる。政重が直江の家督を継ぐことを知り、兼続の嫡男・竹松(加藤清史郎)は大きなショックを受ける。

詳細を見る
第40話 天地人「上杉転落」
2009年10月4日 NHK総合

家康(松方弘樹)から上洛の命令を受けた景勝(北村一輝)と兼続(妻夫木聡)は、覚悟を決めて家康の元へ向かう。家康は本多正信(松山政路)、福島正則(石原良純)ら重臣が居並ぶ前で、景勝に騒動を起こした謝罪を迫る。また兼続が家康を批判した「直江状」についても、勝手な言い分と切り捨てる。それに対し、兼続らは「義」を貫いた戦であるとして、謝罪を拒否。家康は信念だけでは生きていけないと言い放ち、その場を立ち去る。兼続は、家康の取り調べに先立ち、内密に正信を訪問。正信の息子に直江家を継がせる代わりに、上杉家の取りつぶしは避けてほしいと嘆願していた。後日、処分が下り、上杉家は会津から米沢に再び国替えされ、石高は120万石から一気に30万石まで減らされてしまう。

詳細を見る
第39話 天地人「三成の遺言」
2009年9月27日 NHK総合

兼続(妻夫木聡)は、関ヶ原の合戦で西軍が敗れたことを知り、長谷堂城攻めを中止し、米沢に撤退する。一方、とらわれた三成(小栗旬)は、家康(松方弘樹)から詮議を受ける。家康は、戦を起こした罪は重いと糾弾。三成は、挙兵は豊臣家の安寧を図るためだったと毅然と抗弁する。程なく三成は処刑される。兼続は初音(長澤まさみ)の来訪で三成の死を知り、涙を流す。同じころ、家康は三成に続いて、西軍の諸大名や豊臣家にも厳しい処分を言い渡した。さらに、今後は家康自身がすべての政を取り仕切ると宣言する。年が明け、景勝(北村一輝)にも上洛を命じる書状が届く。景勝は家康を討っておかなかったことを強く悔やむ。兼続はそんな景勝を、天下の義を守るために生きようと慰め、先に上方へ向かう。

詳細を見る
第38話 天地人「ふたつの関ヶ原」
2009年9月20日 NHK総合

上杉討伐のため、家康(松方弘樹)が会津に向かったすきを突いて、三成(小栗旬)が家康に反旗を翻す。三成らの動きを察知した家康は伊達政宗(松田龍平)と最上義光に、上杉の動きを封じるよう命じると、自らはすぐさま、東海道を引き返す。そのころ美濃・大垣城の三成の元には小早川秀秋(上地雄輔)らが集結、結束を固めていた。家康軍は大垣城を攻撃せず、秀頼(小林海人)のいる大坂城に進んでいく。それを知った三成らは、家康軍を追うために出陣。やがて家康率いる東軍と三成率いる西軍が関ヶ原で対峙する。一方、家康が引いた後、兼続(妻夫木聡)は最上勢との戦に出陣、敵方の長谷堂城を取り囲み、いつでも総攻撃できる態勢にあった。慶長5(1600)年9月15日、東西両軍がついに激突する。

詳細を見る
第37話 天地人「家康への挑戦状」
2009年9月13日 NHK総合

会津に戻った兼続(妻夫木聡)は新たに城を築き、領内の道や橋を整備する。そんな折、家康(松方弘樹)から景勝(北村一輝)あてに書状が届く。家康は春日山城主・堀秀治から、上杉に謀反の疑いがあるとの訴えがあったとし、上洛して事情を説明するよう要求。身に覚えのないこととはいえ、上洛を断ればさらに疑念を深めることになりかねず、景勝らは対応に苦慮する。その結果、潔白を説明する返書を兼続が書き、家康に送ることに。後に“直江状”と呼ばれる書状の中で、兼続は秀治のようなうそつき者の言うことを信じるのは残念と、家康を皮肉る。書状を読んだ家康は怒りだし、上杉討伐を宣言。10万の大軍を引き連れて会津に向かう。一方、三成(小栗旬)はこの出兵を家康を押さえ込む好機ととらえ、盟友・大谷吉継(津田寛治)の協力を得て、家康討伐を決意。毛利輝元(中尾彬)を総大将に挙兵する。

詳細を見る
第36話 天地人「史上最大の密約」
2009年9月6日 NHK総合

先の朝鮮出兵で満足な恩賞を得られなかったのは三成(小栗旬)に責任があるとして、福島正則(石原良純)らが三成暗殺を画策する。動きを察知した三成は、日ごろ自分に批判的な家康(松方弘樹)に助けを求める意外な行動を取る。一方、兼続(妻夫木聡)は淀(深田恭子)に事態収拾への協力を要請。程なく淀は家康に、三成の保護を求める書状を送る。家康は三成を謹慎処分にすると、自らは伏見城に入り、全権を掌握、事実上、天下人となる。しかし、そうした家康の勝手な振る舞いに、ほかの大老から不満の声が高まる。ある日、毛利輝元(中尾彬)はかねて兼続と示し合わせたとおり、家康批判の口火を切る。すると家康は「自分に意見をするのか」と開き直る。それどころか、三成や兼続が政を私物化しようとしていたと矛先を変えてくる。思いも寄らぬ指摘に、兼続は真っ向から反論し、場に緊張が走る。

詳細を見る
第35話 天地人「家康の陰謀」
2009年8月30日 NHK総合

国替えで会津に入った兼続(妻夫木聡)の元に、秀吉(笹野高史)が危篤にあるとの知らせが届き、京へ。やがて秀吉が息を引き取ると、五大老・五奉行と呼ばれる重臣が伏見城に参集、善後策を協議する。筆頭格の家康(松方弘樹)が話を始めたところ、三成(小栗旬)が口を挟み、「今後、物事は合議制で決定する」と大方針を示す。家康は三成の振る舞いを、無礼であるとののしる。三成に対して露骨に敵意を示した家康に、景勝(北村一輝)らは天下取りの野望を察知する。後日、重臣たちが淀(深田恭子)に呼ばれる。淀は嫡男・秀頼(小林海人)を連れて現れると、秀吉の後継として秀頼への忠誠を誓わせる。景勝らは口々に、その旨を誓うが、家康は言葉を濁す。そして、突如、裏で天下を操ろうとする大名がいると言いだし、三成らをにらむ。兼続は聞き捨てならない発言と反発、「それは誰のことか」と家康に迫る。

詳細を見る
第34話 天地人「さらば、越後」
2009年8月23日 NHK総合

兼続(妻夫木聡)は夜遅く三成(小栗旬)から呼び出され、豊臣秀吉(笹野高史)の元を訪れる。秀吉は家康(松方弘樹)の動きをけん制するため、上杉に越後から会津に国替えをしてもらいたいと切り出す。報告を受けた景勝(北村一輝)は、思いも寄らぬ事態に困惑するが、兼続は、謙信(阿部寛)には越後だけに固執せず、日本国全体を思う心があったことを挙げ、景勝に受諾を進言する。1カ月後、景勝は会津入りを決断。それを受けて、兼続は春日山城に戻り、家臣に伝達する傍ら、重臣・泉沢(東幹久)には、万一、越後に戻ることになった場合に備えるよう頼む。やがて秀吉は国替えの件を正式に通達。景勝には会津、米沢などが与えられ、120万石の大大名に。一方、米沢が拠点の伊達政宗(松田龍平)は陸奥に移される。程なく会津若松城で、三成から城の引き渡しを受けた兼続は、新しい国造りを誓う。

詳細を見る
第33話 天地人「五人の兼続」
2009年8月16日 NHK総合

兼続(妻夫木聡)が家老になって15年、景勝(北村一輝)は兼続を執政に任じ、上杉家の全権を委ねる。兼続は自分への厚い信頼に感激する。そんな中、京では関白・豊臣秀次(眞島秀和)に謀反の疑いがかかり、豊臣秀吉(笹野高史)から切腹を命じられる。兼続は三成(小栗旬)に真相を確かめようと京に向かう。だが三成は会おうとしない。程なく京の三条河原で秀次の妻子ら30人余りが処刑され、兼続は三成が人の心をなくしたと考える。しかし後に秀吉から、三成は処刑に反対だったと聞かされる。ある日、秀吉が諸大名に嫡子・拾への忠誠を誓う文書の提出を命じたため、大名らは上洛。家康(松方弘樹)はその場で、秀次の件で秀吉に悪評が立っているのは側近の三成の責任だと激しく非難する。すると景勝が「主の責任を家臣に負わせるのは見当違い」と三成を擁護。家康は自分に正面から反論する景勝に気色ばむ。

詳細を見る
第32話 天地人「世継ぎの運命」
2009年8月9日 NHK総合

豊臣秀吉(笹野高史)の養子・秀俊(上地雄輔)が登場。関が原の戦いで勝敗のカギを握る「武将・小早川秀秋」になるまでのてん末を描く。秀吉に実の息子・拾が誕生! 待ちに待ったわが子を抱いて大喜びの秀吉だが、このことでにわかに豊臣家の世継ぎ問題が勃発。秀俊は、厄介払いしたがる秀吉と、とばっちりを受けたくない腹心たちの間でたらい回しの屈辱を受ける。やがて秀俊は自らの運命を受け入れる決意をし、小早川隆景(横内正)の養子・秀秋となる。

詳細を見る
第31話 天地人「愛の花戦」
2009年8月2日 NHK総合

お船(常盤貴子)が同行することで秀吉(笹野高史)からの上洛命令を受け入れた菊姫(比嘉愛未)は、越後の地を後にした。京では花見の会などを通し、秀吉の正室・北政所(富司純子)や側室・淀(深田恭子)らと親交を深める。そんな折、淀の子・鶴松がわずか3歳で急死。菊姫は悲しみに暮れる淀を慰め、励ます。一方、秀吉は子を失った悲しみを振り払うかのように朝鮮出兵を宣言する。知らせを受けた景勝(北村一輝)は、早速兵を率い、出撃の拠点・肥前の名護屋城に向かう。ただ兼続(妻夫木聡)は、この戦には大義がないとの思いがあった。進軍の途中、京に立ち寄った兼続は、秀吉の腹心・三成(小栗旬)に面会を求める。兼続は「出兵計画を取りやめるよう秀吉に進言したい」と三成に頼む。だが三成は「国の礎を固めるためには必要な戦だ」と聞き入れない。三成の気迫に押された兼続は、それ以上の反論ができない。

詳細を見る
第30話 天地人「女たちの上洛」
2009年7月26日 NHK総合

小田原の北条氏を倒し、上杉軍は越後に引き揚げた。景勝(北村一輝)と兼続(妻夫木聡)が、これでしばらく戦のない太平の世が訪れると安心したのもつかの間、秀吉(笹野高史)から全大名に妻子を京に住まわせるよう命令が下る。しかし景勝の妻・菊姫(比嘉愛未)は上洛を拒否、兼続も対応に困惑する。景勝は京で秀吉と会い、菊姫が病で来られないと釈明するが、「例外扱いはできない」と聞き入れられない。春日山城ではお船(常盤貴子)が菊姫を口説くが、菊姫の気持ちは変わらない。そのころ京では、名声を誇る茶人・千利休(神山繁)が秀吉から反逆の罪に問われ、自邸に監禁されていた。屋敷の警護を命じられた景勝らは利休を訪ねる。多くを語らない利休に代わって、娘・お涼(木村佳乃)が理不尽な扱いへの悔しさを兼続に訴える。2日後、利休に切腹が命じられる。

詳細を見る
第29話 天地人「天下統一」
2009年7月19日 NHK総合

秀吉(笹野高史)が小田原の北条氏政(伊吹吾郎)討伐に立った。景勝(北村一輝)は前田利家(宇津井健)ら北国勢と組み、北条の支城・松井田城へ軍を進める。上杉謙信でも攻略できなかった関東への進軍に、景勝や兼続(妻夫木聡)は感慨を覚える。一方、家康(松方弘樹)をはじめ、有力大名を従えた秀吉本隊は、小田原城に程近い笠懸山に陣を敷く。ただ秀吉の気持ちは、一向に戦に加わろうとしない奥州・伊達政宗(松田龍平)に向いていた。いら立つ秀吉は、政宗を参陣させるよう家康に命じる。松井田城攻めの戦勝報告に秀吉の陣を訪れ、状況を知った兼続は無用の戦を避けるため「何としても参陣するよう説得しなければ」と意気込む。しかし家康にその気はなく、参陣の必要はないという手紙を政宗に送っていた。家康が自分を、秀吉の天下統一を阻む駒にしようとしていると見抜いた政宗は、秀吉の元へ参上することにする。

詳細を見る
第28話 天地人「北の独眼竜」
2009年7月12日 NHK総合

兼続(妻夫木聡)は上杉(北村一輝)の要として多忙な日々を送っていた。妻・お船(常盤貴子)の出産が近づいていたが、様子を見にいくこともできず、木彫りのイヌを作って安産を祈願する。そんな折、京に残った実頼(小泉孝太郎)を介して、秀吉(笹野高史)から奥州の伊達政宗(松田龍平)を討てとの命令が届く。秀吉は度重なる上洛要求に応じない政宗に我慢がならなかった。兼続も政宗の動きを警戒していたが、いきなり討伐することをためらう。そこで兼続は政宗の居城・米沢城に出向き、「力で領地を奪う時代は終わった、これ以上の戦はやめるように」と説く。しかし政宗は全く取り合わない。兼続はしつこく食い下がり、とうとう「いつまで古い考えにすがるのか」と言い放つ。政宗は激高し、傍らの太刀を手に取り、さやを払うと、兼続に振りかざす。そのとき、政宗の妻・愛姫(杏)が飛び込んでくる。

詳細を見る
もっと見る

天地人の出演者・キャスト

  • 妻夫木聡

    妻夫木聡
    直江兼続役

  • No Image

    北村一輝
    上杉景勝役

  • No Image

    常盤貴子
    お船役

  • No Image

    阿部寛
    上杉謙信役

  • 玉山鉄二

    玉山鉄二
    上杉景虎役

  • 小栗旬

    小栗旬
    石田光成役

  • No Image

    松田龍平
    伊達政宗役

  • No Image

    城田優
    真田幸村役

  • 長澤まさみ

    長澤まさみ
    初音役

  • 笹野高史

    笹野高史
    豊臣秀吉役

もっと見る

天地人のスタッフ・作品情報

火坂雅志
(原作)
小松江里子
(脚本)
片岡敬司
(演出)
高橋陽一郎
(演出)
一木正恵
(演出)
大島ミチル
(音楽)

天地人のニュース

  • 城田優

    城田優、舞台・ドラマと躍進を続ける稀代のエンターテイナー【てれびのスキマ】

    2021/03/23 18:32
  • 小芝風花の微笑ましいラブストーリーの相手役に加藤清史郎

    加藤清史郎、小芝風花の“恋の相手”役で新境地!オファー受け心配も「僕でいいのでしょうか?」<モコミ>

    2020/12/22 05:00
  • 小泉孝太郎が平清宗盛を演じる!

    小泉孝太郎が“二代目の苦悩”を抱える宗盛に!父役・松平健は「お芝居では今回初めて」<鎌倉殿の13人 新出演者コメント>

    2020/11/17 13:15
もっと見る

天地人のニュース画像

  • 城田優
  • 小芝風花の微笑ましいラブストーリーの相手役に加藤清史郎
  • 小泉孝太郎が平清宗盛を演じる!
  • 小泉孝太郎が平宗盛を演じる!
  • イケメン東大生・牧田習の「三度の飯より昆虫が好き」

    新連載スタート!イケメン東大生・牧田習の「三度の飯より昆虫が好き」

  • 「MADE in KENTA : 僕とアートと君とー」

    第3回更新!「MADE in KENTA : 僕とアートと君とー」

  • 来栖りん(26時のマスカレイド)お絵描き連載!「虹色スケッチ」

    新連載スタート!!来栖りん(26時のマスカレイド)お絵描き連載!「虹色スケッチ」

  • 草彅剛のお気楽大好き!WEB

    VOL.273 新しい地図が5年目突入!草彅剛のお気楽大好き!WEB

  • 「ザテレビジョン」からのプレゼント!

    【10/27水まで】町田啓太、眞栄田郷敦 サイン入り生写真も!「ザテレビジョン」からのプレゼント!

  • ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

    第8回公開!ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

もっと見る